夜10時以降は脂肪が付きやすい時間なので、夕食は10時までに済ませるようにしましょう。

食事をするのに適した時間

MENU

食事をするのに適した時間

食事をする時間を気にしたことはありますか?
空腹になったら食べると言った不規則な食生活は健康を害してしまいます。
では、何時に食べるのが理想的なのかを解説していきます。

 

 

朝食は、昼食をする3時間前に食べるのがベストです。

それは食べた朝食がエネルギーとなり消化されるのが3時間前後だからです。
例えば、昼の12時にランチを食べるのであれば、9時までに朝食を終えているのがベストでしょう。早朝勤務で昼食まで長い時間が空く場合は、しっかりと朝食を取って体力が持つようにしておくことが大切です。
また、人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。
起きたらまずは水分補給を忘れないように心がけましょう。

 

昼食を取ったら夕食までまたしばらく時間が空きます。

もし昼食後に空腹になった場合は、3時頃を目安に間食をするようにしましょう。
なぜ3時なのかと言うと、1日の中で最も脂肪が付きにくい時間だからです。
食べ過ぎはダメですがお菓子やおにぎりなど、軽く食べると良いでしょう。

 

 

そして、夕食は10時までに必ず済ませるようにするのが良いです。

夜の10時以降は1日の中で脂肪が付きやすい時間なのです。
夜中の食事を繰り返していると脂肪が溜まっていき不健康な食生活となってしまうでしょう。
お腹が空いても10時以降の食事は控えるのが重要です。

 

また、快適な睡眠を得るには夕食から2~3時間経過しているのが良いそうです。
寝る時間を考慮に入れて夕食をする時間を計算してみましょう。

 

夕飯

太るからと言ってまったく食事をしないのはダメです。
何かのきっかけで夕食が食べられなかったとします。
その時に太るから夕食を食べないまま寝てしまうのは良くありません。
体の組織を作るためにも栄養は必要です。
夜遅く食べる時は軽めにするなどして工夫した食生活を送りましょう。

 

バランスの良い食事だけではなく時間を気にするようにできれば食生活はより健康的になります。
同じ食べ物でも時間によって効果が違うならばより効果的な時間に食べなくてはもったいないのです。

1日に必要な栄養素