野菜不足が招く体の不調は多岐に渡るので、多くの野菜から多くの栄養を摂取する必要があります。

野菜不足だと身体に異変をもたらす事も

MENU

野菜不足が招く身体の異変

日本人は基本的には野菜が好きな民族です。
もともと農耕民族であったこともあり、最近日曜農家といったように自分たちの畑を持ち、野菜や作物を育てる人が増えている傾向があり、野菜をよく食べていることは間違いありませんが、どうしても若い世代は野菜に対する興味が乏しく普段の食事から不足しがちなのは事実です。

 

特に若い男性の単身者は、インスタント食品やコンビニ弁当、さにはファーストフードのなどの外食を選びがちなこともあり、野菜の摂取量が著しく不足しがちなことがあります。

 

では実際に野菜が不足してしまうと体にとってどういった影響があるのでしょうか。

 

野菜に含まれる栄養素で主なものといえば、ビタミンミネラル、そして食物繊維です。

 

ビタミンAは体の粘膜や肌の調子を整えるものと言われており、ビタミンB1やB2などのB群は、体の調子や体力を整えたりします。
ビタミンCは体の血管を強くする作用があるなど、体全体の調子を整えて他の栄養素と連携しながら健康を維持するのがビタミンです。
また食物繊維は、体の中の老廃物や排便をサポートする作用があり、便秘の解消など重要な役割を持って、肥満を防止します。

 

このように野菜が不足すると体の調子や肌の調子が悪くなったり、エネルギーが作りだせず貧血になったりします。
そして精神的なやる気がなくなったり、イライラしたりなどさまざまな影響を及ぼします。
野菜不足が原因でうつに発展するケースも非常に多く、精神的な面での影響も非常に多いとされています。

 

また野菜が不足すると肌の感受性が高まり、敏感になったりします。
ニキビや吹き出物が多くなったりするので、美容に気をつけなければならない女性は若い世代でも比較的野菜を積極的に取ります。

 

このように野菜不足が招く体の不調というものは、多岐にわたります。
さまざまな影響を予防するためには多くの野菜から多くの栄養を摂取する必要があるでしょう。